スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日こそ青魔道士

そういえば、顔をみせてませんでしたよね・・・昨日の画像は私がまともに映ってなかったしw
では、顔見せです。とりゃっっ
青魔

コラソコッ顔見えてないとかいわないっ
これが青魔道士の正装なのですよっ。
ついでに顔のアップも・・・・そりゃっ
顔アップ

これなら少しはわかるだろう。何?わからない??
心の眼で見るんだッ

さて、顔見せも終ったところで(マテ)今日の出来事をば
今日はアサルト、ナイズル踏査指令にシーフでいってまいりました^^
なに?また青じゃねーじゃないかだと?キ ニ ス ル ナ
話を戻してこのナイズル踏査指令ですが、ピーク時はかなりの人数が殺到するのです。こんな感じに
ナイズル入り口で進入待ち

混んでます、はい。ものすごく混んでます。入り口が一箇所なのでこんな事態になっているのです。
混雑時は30分以上待たされることもままあり、アサルト制限時間より待たされるということが普通におきるのですッッ
・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・ORZ
ま、まぁ今回進行と装備層の2回挑戦しましたがあぶなげなく両方とも見事成功で終りました^^
今回はゴリ脚をドロップ。希望はデナリ脚だったんでちょっとガッカリです、トホホ。


さて、ついに青魔道士の始動です
今回はヘディバ島にソロメリポにいってきました^^いつものごとく!
このヘディバ島ですが、ソウルフレア(聴覚見破り、魔法感知)、インプ(視覚見破り)の2種の敵がわんさかわいてます。
キャンプにつくまでに絡まれることもざらにあるので、リレ装備は必須です!むしろ死を覚悟してキャンプへと向かいましょう。
ソロの場合、キャンプ地は主にキマイラ広場前通路(キマ通路)、石碑前L字通路の2箇所になり、私はL字通路のキャンプを愛用しております。
戦闘のパターンは遠隔釣り(あるいは直接オートアタック)→ヘッドバッド(以下ヘッド)→ディセバーメント(以下ディセバ)→ヘッド→Hバラージ→Fリップこのルーチンの繰り返しで、空蝉がはがれた場合ヘッドの後に張替えを行い、繰り返し。
大抵、2回目のディセバを入れるころに倒すか、瀕死にまで追い込めます。
注意点は相手の魔法は確実にとめることと、TP技で沈黙になったらすぐやまびこ薬で治すこと、これだけです。
インプ狩り

今日も順調順調^^いいペースで狩れましたw
なぜか、ファイガの時に限ってヘッドバッドが外れるのを除けば。
・・・・・・ORZ
ま、まぁそんなこんなで1時間15分ほどの狩りで10484のリミットポイントを稼いで今日は終了です
時給は約8400ほど。(指輪未使用)
ついでに命中率とかも出してみたんですが、通常攻撃は約93%、ヘッドは約90%ほどの命中率
これだけの命中率があって、なぜファイガがとまらない
ブリームスシの馬鹿やろーーーー!!(八つ当たり)
スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。